東京都の最低賃金が932円に上昇(25円アップ)(2016年10月1日~)

東京都最低賃金(地域別最低賃金)は、東京労働局長の決定を経て、本年9月
1日に官報公示されたことから、効力発生日である2016年10月1日から時間額9
32円になります。

最低賃金について

適用対象
東京都最低賃金は、東京都内の事業場で働くすべての労働者とその使用者に適用されるもので、常用・臨時・パートタイマー・アルバイト等の属性、性、国籍及び年齢の区別なく適用され、同最低賃金額以上の賃金を支払わない使用者は最低賃金法第4条違反として50万円以下の罰金の対象となります。
派遣中の労働者については、派遣先の事業場に適用される最低賃金が適用されます。

除外される賃金
次の金額は、最低賃金に算入されません。
① 精皆勤手当、通勤手当及び家族手当
② 臨時に支払われる賃金(結婚手当など)
③ 1か月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)
④ 時間外労働、休日労働及び深夜労働の手当

最近10年の東京都の最低賃金の推移

平成18年(2006年) 719円 +5円
平成19年(2007年) 739円 +20円
平成20年(2008年) 766円 +27円
平成21年(2009年) 791円 +25円
平成22年(2010年) 821円 +30円
平成23年(2011年) 837円 +16円
平成24年(2012年) 850円 +13円
平成25年(2013年) 869円 +19円
平成26年(2014年) 888円 +19円
平成27年(2015年) 907円 +19円
平成28年(2016年) 932円 +25円

そのほか10月から変更される制度

年金関係では、パートなどの短時間労働者でも、従業員数501人以上の大企業で週20時間以上働き、年収106万円以上などの条件を満たせば、厚生年金と健康保険の加入対象となります。

また、厚生年金の保険料率が10月納付分から0・354%アップし、18・182%(労使折半)となります。

労働分野では、都道府県別の最低賃金(時給)が20日までに順次引き上げられる。全国平均は前年度比25円増の823円で、初めて800円台になる。最低賃金は最も高い東京都で932円、最も低い宮崎、沖縄両県は714円です。飲食店など時給労働者の多い業種への影響が大きくなります。